Topicsお知らせ

Jean Baptiste Vuillaume ca1860 のヴァイオリンを入荷いたしました。

2020.02.20

ジャン・バプティスト・ヴィヨームは1800年代中頃、パリにおいて最も重要な楽器商であり、ヴァイオリン製作家、発明家でありました。またドミニク・ぺカットをはじめとする多くの重要な弓製作家達が彼の工房に勤めていました。

1855年、その成功の只中にあったヴィヨームはイタリアの楽器商ルイジ・タリシオから25挺のストラディヴァリウスを含む144挺のオールドイタリアン・ヴァイオリンを購入しました。そしてストラディヴァリウス、ガルネリ・デル・ジェスといった名器の数々から正確なデータを採り、素晴らしいコピーを数多く残しました。ヴィヨームはそれらをコピーする際、楽器の本質的な部分、すなわち木材の選定、アーチの形状を完璧に模倣することを最も重要視していました。また音量を求められる演奏家のニーズに合わせ、横板の高さ、楽器の胴長を微妙に変えて製作したと言われています。

まさしくその当時、1860年頃に製作されたこの作品は、奥行きのある豊かな音色に力強い実力を備えています。是非一度ご覧ください。

製作地
フランス パリ
製作年
1860年
胴体長
357mm
PAGE TOP